FC2ブログ
旅行の口コミはトリップアドバイザー
旅行の口コミはトリップアドバイザー
■PROFILE

dai8

  • author: dai8
  • 1970年TOKYO生まれ 中年男
  • RSS1.0
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2019年04月 (16)
  • 2019年03月 (2)
  • 2019年02月 (8)
  • 2019年01月 (10)
  • 2018年12月 (15)
  • 2018年11月 (26)
  • 2018年10月 (9)
  • 2018年09月 (3)
  • 2018年08月 (32)
  • 2018年07月 (12)
  • 2018年06月 (21)
  • 2018年05月 (7)
  • 2018年04月 (18)
  • 2018年03月 (9)
  • 2018年02月 (7)
  • 2018年01月 (8)
  • 2017年12月 (26)
  • 2017年11月 (11)
  • 2017年10月 (2)
  • 2017年09月 (3)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (2)
  • 2016年06月 (9)
  • 2016年05月 (15)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (10)
  • 2016年02月 (8)
  • 2016年01月 (24)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (18)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (22)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (6)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (21)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (12)
  • 2014年08月 (37)
  • 2014年07月 (14)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (15)
  • 2014年04月 (10)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (10)
  • 2014年01月 (27)
  • 2013年12月 (12)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (4)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (10)
  • 2013年06月 (14)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (3)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (19)
  • 2012年12月 (29)
  • 2012年11月 (8)
  • 2012年10月 (14)
  • 2012年09月 (4)
  • 2012年08月 (36)
  • 2012年07月 (14)
  • 2012年06月 (14)
  • 2012年05月 (10)
  • 2012年04月 (23)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (10)
  • 2012年01月 (20)
  • 2011年12月 (28)
  • 2011年11月 (19)
  • 2011年10月 (14)
  • 2011年09月 (8)
  • 2011年08月 (43)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (16)
  • 2011年05月 (24)
  • 2011年04月 (10)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年02月 (23)
  • 2011年01月 (21)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (3)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年09月 (17)
  • 2010年08月 (21)
  • 2010年07月 (11)
  • 2010年06月 (27)
  • 2010年05月 (19)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (19)
  • 2010年02月 (11)
  • 2010年01月 (33)
  • 2009年12月 (7)
  • 2009年11月 (20)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (26)
  • 2009年08月 (46)
  • 2009年07月 (14)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (13)
  • 2008年11月 (46)
  • 2008年10月 (31)
  • 2008年09月 (18)
  • 2008年08月 (45)
  • 2008年07月 (34)
  • 2008年06月 (25)
  • 2008年05月 (50)
  • 2008年04月 (30)
  • 2008年03月 (24)
  • 2008年02月 (29)
  • 2008年01月 (44)
  • 2007年12月 (23)
  • 2007年11月 (13)
  • 2007年10月 (27)
  • 2007年09月 (27)
  • 2007年08月 (42)
  • 2007年07月 (8)
  • 2007年06月 (13)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (24)
  • 2007年02月 (14)
  • 2007年01月 (35)
  • 2006年12月 (24)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (26)
  • 2006年09月 (37)
  • 2006年08月 (51)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (29)
  • 2006年04月 (22)
  • 2006年03月 (27)
  • 2006年02月 (21)
  • 2006年01月 (31)
  • 2005年12月 (29)
  • 2005年11月 (36)
  • 2005年10月 (35)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (47)
  • 2005年07月 (37)
  • 2005年06月 (29)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    映画)シャザム
    映画「シャザム」を観た。
    2019042401 
    超面白かった。
    今まで見たアメコミ系映画の中でも5本の指に入るかも。
    このビジュアルが受け入れられなかったけど、
    あるシーンから腹落ちできてスッキリ。
    基本笑いが多い映画だが、意外にも何度も涙が溢れてしまった。
    これはアメコミ初心者にも超おススメ。
    大当たり。
    スポンサーサイト


    映画・舞台 | 19:45:00 | Trackback(0) | Comments(0)
    今月のヘビロテ
    超アガる2曲。
    SLIPKNOT 「All Out Life」
    Maximum The Hormone「g‘old-en-guy」
    (オフィシャルが無いので借り物です)

    どちらもアドレナリンがドバドバ。


    日記 | 09:12:07 | Trackback(0) | Comments(0)
    映画)キングダム
    映画「キングダム」を観た。
    2019042301.jpg 
    原作は恐らく100回近くリピート読みしているほど大好き。
    今回の実写は悪くない。キャストも超はまっていたし、
    アクションもかなり良い。
    原作のイメージを壊している点も見当たらなかった。
    欲を言えば、映画ではなくドラマでもう少しじっくりと作ってもらえると、
    もっと良いんだけどな・・・・


    映画・舞台 | 00:33:53 | Trackback(0) | Comments(0)
    相模湖 マッスルモンスター
    相模湖のプレジャーフォレストに行ってみた。
    お目当ては前から気になっていた「マッスルモンスター」
    2019041601.jpg 
    広大な園内(山)の頂上にマッスルモンスターはあるので、
    リフトで登っていく。
    2019041602.jpg 
    リフトを降りて5分ほどでマッスルモンスターに到着。
    2019041603.jpg 
    そびえ立つ巨大な骨組み。
    ここに92種類ものクライミングアトラクションが設置されている。
    高い所が超苦手な俺は、下から見ただけで膝が震える。
    2019041604.jpg 
    5分ほどハーネスの使い方講習を受けてから、出発。
    様々なアスレチックをこなしながら上に上がっていく。
    これが簡単そうに見えてかなりヤバい。
    高さの恐怖はもちろん、風、揺れ、
    そして何よりも筋力が必要なものばかり。
    恐怖と疲労とが入り乱れて何を楽しめば良いのか・・・・
    もう初期の段階から、「置いて行かれたくない」
    「進まないと終わらない」「進まないと帰れない」と言った、
    全く遊びとは思えない感情に支配されて行動する事になる。
    一番有名な最後のアスレチックで鐘を鳴らしたときは、
    達成感ではなく「これでやっと帰れる、早く降りよう」という安堵のみ。
    キャッキャと物凄く楽しんでいる若い子達がマジで羨ましく、
    疲労困憊の中、ダイエットと体力増強を誓うオヤジだった。
    (三日坊主になるのは明白だが)
    2019041605.jpg 
    とにかく目的は達成したので東京に戻って飲むことに。
    プレジャーフォレストのバス停で見つけた「渡し舟」の看板に誘われ、
    向かってみると何やら雰囲気の良さげな小道が続いている。
    2019041606.jpg 
    10分ほど小道を下ると静かな湖畔に出た。
    ボート乗り場があり、対岸のキャンプ場が渡し舟を運営しているとのこと。
    岸にあるドラム缶を棒でぶったたいて合図すると、
    キャンプ場から「はーい!」と船で迎えに来てくれるシステム。
    超面白い。ワクワクする。
    2019041607.jpg 
    相模湖の一番奥に位置するキャンプ場は、
    船でしかアクセスできないらしく、
    非常に静かで気持ちの良いスポットだった。
    是非今度キャンプしたい。
    2019041608.jpg 
    静かな水面をボートでゆっくりと進む。
    春の暖かい日差しの中で、頬を撫でる風が心地良い。
    超癒しの時間だった。渡し船最高。
    マッスルモンスターのストレスからは一気に解放された。
    その後、新宿に戻って飲み。
    今回も超楽しかった・・・
    いや、疲れた・・・


    旅行 | 00:26:00 | Trackback(0) | Comments(0)
    兵庫 芦屋 ヨドコウ迎賓館
    すっかり太陽の塔を満喫したので、
    最後の目的地へ移動することに。
    大阪モノレールで蛍池へ、
    そこから阪急宝塚線で十三、
    阪急神戸線に乗り換えて芦屋川で下車。
    駅から数十メートル歩くと丘の上に見えた。
    2019040319.jpg
    坂には「ライト坂」という名前が。
    2019040320.jpg 

    2019040321.jpg 
    最後のお目当てはこの「ヨドコウ迎賓館」
    フランク・ロイド・ライトが設計した洋館。
    20年近く前から気になっていて、
    関西旅行の度に組み込んだものの、ここも休館日が重なり実現しなかった。
    ついにご対面。
    2019040322.jpg 
    もういきなりライトっぽさ全開。
    帝国ホテルばりの大谷石の装飾がたんまり。
    2019040323.jpg 

    2019040324.jpg 

    2019040325.jpg
    外観の立体感も格好良い。
    2019040326.jpg 
    入口の車寄せ部分。入口は意外と狭い。
    2019040327.jpg 
    格好良いー
    2019040328.jpg 
    暖炉
    2019040329.jpg 
    この小窓の作り方はもう狂気。
    これを作った職人さんも凄いし、
    これを開閉する人も大変だよな・・・・
    2019040330.jpg 
    どことなく和を感じる書棚。
    2019040331.jpg 
    トイレの窓もお洒落。
    2019040332.jpg 

    2019040333.jpg 
    こんな装飾どこからも見えないよな。
    なのにこの細かさ・・・・
    2019040334.jpg 
    暖炉
    2019040335.jpg 
    屋上
    2019040336.jpg 
    天井が低いことに驚かされた。
    全体的にライト節炸裂で満足。
    益々本場(アメリカ)に行きたくなってきた。
    これで今回の旅すべての目的は達成。
    行きたかった所は全て濃く、大当たりだった。
    土地勘が無いのもあるが、関西の駅、電車は案内が少なくて判りづらく、
    中々すんなりと乗車出来なかった。
    それでも車とは違う楽しさがあり、超幸せな旅だった。
    流石に疲れたけど・・・・


    京都奈良大阪方面 | 21:05:00 | Trackback(0) | Comments(0)
    大阪 万博記念公園 太陽の塔Ⅱ
    10:00からの回を予約していた。
    時間になり、ついに内部に潜入することに。
    地下から入館する。
    2019040311.jpg 
    初期のイメージスケッチが展示されている。
    2019040312.jpg 
    館内の窓から塔を見上げる。
    2019040313.jpg 
    新しく公開された地底の太陽。
    2019040314.jpg 
    プロジェクションマッピングで刻々と色が変わる演出。
    2019040315.jpg 
    で、ついに塔内部へ。
    2019040316.jpg 
    「生命の樹」という古代のアメーバから人類までの、
    生物生命の進化の過程が、一本の木に連なっている。
    2019040317.jpg 
    下から上へ進むにつれ、進化していく。
    2019040318.jpg 
    ガイドの説明を聞きながら、
    階段でゆっくりと登りながら見学。
    ビルにして10階建ぐらいの高さだろうか。
    万博当時そのままの展示物もあり、
    1970年当時の万博の熱を感じながら見学が出来、超楽しめた。
    太陽の塔最高だわ。感動です。
    今まで遠めにしか見たことが無かったので、
    ずーっと我慢してたんだけど、でっかいフィギュア買っちゃおう。


    京都奈良大阪方面 | 20:47:00 | Trackback(0) | Comments(0)
    大阪 万博記念公園 太陽の塔
    ホテルで朝食を食べてからチェックアウト。
    心斎橋からOsakaMetro御堂筋線で千里中央へ、
    そこから大阪モノレールで万博記念公園駅へ。
    駅から今日のお目当てがもう見えるじゃないの。
    2019040301.jpg 
    ここに来るのは3回目。
    でも毎回休園日で中に入れたことが無い。
    柵の外からチラ見するだけに止まっていた。
    今回は三度目の正直とばかり気合が入る。
    2019040302.jpg 
    昨年太陽の塔が内部公開されたと聞き、来たくて仕方がなかった。
    やっと予約が取れ、とうとう入園できることに。
    2019040303.jpg 
    デカい!!こんなにデカいんだ!!怖いくらい。
    2019040304.jpg 
    黄金の顔
    2019040305.jpg 
    太陽の顔 
    2019040306.jpg 
    そしてついに裏側の黒い太陽ともご対面。
    超格好良いー 
    背中にこのタトゥ入れたい。
    2019040307.jpg 

    2019040308.jpg 
    黒い太陽はタイル貼り。
    2019040309.jpg 
    下から見上げる。
    2019040310.jpg 
    想像を超えるデカさ、立体感、迫力。
    超感動。
    花見より太陽の塔を眺めながら酒が飲みたい。


    京都奈良大阪方面 | 20:34:00 | Trackback(0) | Comments(0)
    次のページ