旅行の口コミはトリップアドバイザー
旅行の口コミはトリップアドバイザー
■PROFILE

dai8

  • author: dai8
  • 1970年TOKYO生まれ 中年男
  • RSS1.0
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (2)
  • 2016年06月 (9)
  • 2016年05月 (15)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (10)
  • 2016年02月 (8)
  • 2016年01月 (24)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (18)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (22)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (6)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (21)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (12)
  • 2014年08月 (37)
  • 2014年07月 (14)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (15)
  • 2014年04月 (10)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (10)
  • 2014年01月 (27)
  • 2013年12月 (12)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (4)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (10)
  • 2013年06月 (14)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (3)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (19)
  • 2012年12月 (29)
  • 2012年11月 (8)
  • 2012年10月 (14)
  • 2012年09月 (4)
  • 2012年08月 (36)
  • 2012年07月 (14)
  • 2012年06月 (14)
  • 2012年05月 (10)
  • 2012年04月 (23)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (10)
  • 2012年01月 (20)
  • 2011年12月 (28)
  • 2011年11月 (19)
  • 2011年10月 (14)
  • 2011年09月 (8)
  • 2011年08月 (43)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (16)
  • 2011年05月 (24)
  • 2011年04月 (10)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年02月 (23)
  • 2011年01月 (21)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (3)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年09月 (17)
  • 2010年08月 (21)
  • 2010年07月 (11)
  • 2010年06月 (27)
  • 2010年05月 (19)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (19)
  • 2010年02月 (11)
  • 2010年01月 (33)
  • 2009年12月 (7)
  • 2009年11月 (20)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (26)
  • 2009年08月 (46)
  • 2009年07月 (14)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (13)
  • 2008年11月 (46)
  • 2008年10月 (31)
  • 2008年09月 (18)
  • 2008年08月 (45)
  • 2008年07月 (34)
  • 2008年06月 (25)
  • 2008年05月 (50)
  • 2008年04月 (30)
  • 2008年03月 (24)
  • 2008年02月 (29)
  • 2008年01月 (44)
  • 2007年12月 (23)
  • 2007年11月 (13)
  • 2007年10月 (27)
  • 2007年09月 (27)
  • 2007年08月 (42)
  • 2007年07月 (8)
  • 2007年06月 (13)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (24)
  • 2007年02月 (14)
  • 2007年01月 (35)
  • 2006年12月 (24)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (26)
  • 2006年09月 (37)
  • 2006年08月 (51)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (29)
  • 2006年04月 (22)
  • 2006年03月 (27)
  • 2006年02月 (21)
  • 2006年01月 (31)
  • 2005年12月 (29)
  • 2005年11月 (36)
  • 2005年10月 (35)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (47)
  • 2005年07月 (37)
  • 2005年06月 (29)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    NBA FINAL2006 GAME1
    NBA FINAL2006 GAME1
    20060610233139.jpg

    俺的にはヒートを応援。

    第3クォーターまで流れも点数も均衡。

    第4クォーターで流れが変わった。ヒートのミスが目立った。

    気が付いたら10点差。

    結局マブスが90-80で勝利。

    何となくマブスの硬いゲーム運びが気になる。

    ヒートは個々のプレーが派手で良いのだが、気が付くと点差は無くなっている。

    マブスの硬さを崩す事が出来るのか・・・

    GAME2に期待する・・・・


    ランキング参加中です。下のバナーをクリックして頂けると幸いです。

    スポンサーサイト


    NBA | 23:37:57 | Trackback(0) | Comments(0)
    大谷資料館
    餃子と焼きそばを食べたらやる事が無くなった。

    帰るか、それとも足を延ばして温泉に寄って行くか・・・

    そんな中、ふっと目に付いたのが「大谷」という地名。

    そこは塀や建築に使われる「大谷石」の産地。

    一度行ってみたかったのでそこに向かって車を走らせました。

    で、「大谷」に差し掛かると確かに「大谷石」を扱うお店が沢山。

    もちろん、どの家も、どの店も塀には「大谷石」が使われています。

    で、たどり着いたのが「大谷資料館」
    20060610221011.jpg

    この看板を目印に入っていくと・・・
    20060610221105.jpg

    「大谷石」の切り立った崖に囲まれた空間に出ます。よく見るとその崖も人工的に切り出されたのがわかります。

    何か不思議な空間に迷い込んだ感じ。

    下の白い建物が資料館です。大谷石についての歴史などが勉強できます。
    20060610221259.jpg

    で、¥600払って入場したのですが、この地下が物凄い事になってるんです。

    入り口の横の薄暗い階段を下りていくと・・・・
    20060610221542.jpg

    物凄く広大な空間が出現!!スゲーよココ!!

    超テンション上がります。と同時にその空間に俺一人しかいないのがメチャクチャ怖い。

    勇気を振り絞って階段を更に降りていきます。
    20060610221757.jpg

    20060610221822.jpg

    気温は7度、聞こえる音は自分の足音と滴る水滴の音。マジで怖いです。

    壁面はこんな風に石を切り出した跡が残っています。
    20060610221948.jpg

    20060610222055.jpg

    人が全く写っていないので、この巨大さが判りづらいな・・・・

    本当に巨大な遺跡のようなもの。凄いです。

    ココ全部が石を切り出して出来た空間だなんて。超感動しました。

    本当に来て良かった。また来よう・・・

    そういえば、ココの石材が建築家「フランク・ロイド・ライト」の旧帝国ホテルなどに使われていたそうです。

    そんな展示物を眺めながら、「うちの奥さんはシカゴにライトの建物見に行ってるんだよな・・・・」

    なんて思い出し、なぜ俺は宇都宮なんだろう・・・・

    ちょっと悔しいです・・・・

    ランキング参加中です。下のバナーをクリックして頂けると幸いです。


    博物館・美術館・動物園など | 22:28:27 | Trackback(0) | Comments(0)
    宇都宮餃子のみんみん
    焼きそばを堪能したら次は本命の餃子。

    宇都宮には物凄い数の餃子屋があります。

    今回は以前来た時に入れなかったお店にしよう・・・

    「餃子のみんみん 本店」
    20060610214952.jpg

    20060610215013.jpg

    相変わらず行列しています。前回はその行列に断念してしまったのですが、

    今日は一人だし、この為にわざわざ来たんだから、と並んでみました。

    意外と回転が速く、20分程で席に案内されました。

    メニューは「焼き・水・揚げ」という3タイプの餃子。
    20060610215337.jpg

    今日は水餃子と焼き餃子を注文。

    水餃子はモチモチの皮とジューシーな餡が旨いですね。
    20060610215428.jpg

    そんでもって焼き餃子。
    20060610215554.jpg

    パリパリの羽と香ばしい皮。

    そして肉汁注意報発令の餡。水餃子だからジューシーなんだと思っていましたが、

    普通の餡自体が本当にジューシーなんですね。マジ旨いです。

    そんで1皿¥220という安さ。最高です。

    ただこの「みんみん」、宇都宮市街に沢山支店があるんです。

    他の支店は行列無しなので、そっちに行った方が良いのかも・・・

    味が違うのかしら?


    ランキング参加中です。下のバナーをクリックして頂けると幸いです。


    美味いもん | 22:03:08 | Trackback(0) | Comments(0)
    宇都宮焼きそば 石田屋
    奥さんがシカゴに出張中。

    暇なので何処かに遊びに行こう。どうする?俺・・・・

    ふとTVをつけたら、餃子を食べるシーンが映った。

    「餃子か・・・餃子といえば宇都宮・・・宇都宮には焼きそばもある・・・よし宇都宮に行こう」

    ということで宇都宮に行く事に決定。

    道路も比較的空いていて、2時間ほどで宇都宮に到着。

    まずは以前に行ってお気に入りの焼きそば屋「石田屋」
    20060610213654.jpg

    実は宇都宮は焼きそばの街でもあるそうです。

    早速「スペシャルミックス焼きそば」を注文。
    20060610213905.jpg

    この状態に卓上に備え付けの「特製ソース」を掛けて食べるんです。

    今回は中盛を頼みました。これで¥600です。

    旨いですね・・・ボリュームも丁度良いです。

    店のレトロな感じも最高です。

    B級グルメ好きにはお勧めです。


    ランキング参加中です。下のバナーをクリックして頂けると幸いです。


    美味いもん | 21:44:06 | Trackback(0) | Comments(0)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。