FC2ブログ

地獄めぐり 山地獄

これも「海地獄」の横にある「山地獄」
2008080775.jpg
2008080776.jpg
高温のお湯と蒸気がビャービャー噴出している。

超派手だが、逆言えばそれだけの地獄。

ただし半端無い温度の湯が普通に遊歩道に流れ出ているので、

うっかりビーサンで踏んだら大変なことになる。

本当の地獄を見るところだった。

16:00。ここでタイムアップ。

残り4つの地獄はあきらめて、鹿児島に向かうことにした。

それにしても何故か背中が痛い・・・・・

地獄めぐり 坊主地獄

「海地獄」のすぐ横が「坊主地獄」
2008080772.jpg
一見地味な地獄。
2008080773.jpg
ここは泥湯になっていて、地底から噴出す泥湯が坊主頭に似ている所からついた名前。
2008080774.jpg
地味だけど意外と見ていて飽きない。

地獄めぐり 海地獄

「龍巻地獄」から車で5分程移動。次は「海地獄」
2008080769.jpg
ここは名前の通り、海のようなエメラルドブルー色をしている。
2008080770.jpg
2008080771.jpg
まるでバスクリン。入りてー。

蒸気と湯が淵から吹き出ているのだが、「グォーッ」と物凄い音。

ポテンシャルに興奮しつつ、結構怖かった。

地獄めぐり 龍巻地獄

地獄めぐり 続いては「血の池地獄」のすぐ横にある、「龍巻地獄」
2008080765.jpg
入ると客が段状になった席に座って何かを待っている。

その前にはこのような石組みがある。皆そこを静かに見守っている。
2008080766.jpg
5分程待っていると、シューという音と共にお湯が勢い良く噴出した。
2008080767.jpg
ここは間欠泉で、短時間のサイクルで噴出す間欠泉はめずらしいとのこと。

石組みで噴出す高さが抑えられているので、イマイチ迫力に欠けるが、

105度近い温泉なので、抑えが無かったら俺ら観光客は大火傷してるんだろう。

そう考えるとスゲーよな。

抑えがなかったら何処まで吹き上がるんだろう?

地獄めぐり 血の池地獄

大分港から別府に移動。

高校の修学旅行以来、約20年ぶりの訪問。

嫁は来たことが無いと言うので「地獄めぐり」をすることに。

まずは「血の池地獄」
2008080760.jpg
2008080762.jpg
2008080763.jpg
ここの泥を混ぜ込んだ軟膏が売っていたので購入。
2008080764.jpg
この軟膏、後で開けて見たら超臭い。使うのはかなり勇気がいる。

それより血の池地獄入りたいな。

高温で入れないんだけど・・・・

ダイヤモンドフェリー松山から大分

フェリーで松山から大分に渡る。

8:30出発予定だが、急病人が出たとの事で遅れている。
2008080752.jpg
「遅延承認の上乗船」の印が押された乗船券。
渡る手段が他に無いので承認せざるおえないだけなんだけど・・・・
2008080759.jpg
何とか乗船。2時間遅れで10:30発になった。
2008080753.jpg
ガラガラを期待したが、そこそこ混んでいた。雑魚寝布団も指定席になっていた。
2008080754.jpg
2008080758.jpg
とりあえず風呂に入った。これは貸切だった。
2008080757.jpg
瀬戸内の島を眺めながら受ける風が気持ち良い。
2008080755.jpg
14:30大分港に到着。
2008080756.jpg
約2時間遅れ。結構痛いロス。

急病人だから仕方が無いけど・・・・




松山 三津駅

6:30起床。7:30出発。今日は鹿児島まで向かう。

フェリー乗り場に向かう途中で偶然見つけた駅。「三津駅」
2008080749.jpg
2008080750.jpg
2008080751.jpg
かなり渋い。

そういえば今朝のニュースで建て替えが決定したと言うことが報道されていた。

確かにボロボロなので仕方が無いのだろう。

鹿児島の嘉例川駅と違ってボロボロなのは海が近いからかな?

写真を撮っていたら、地元のおばちゃんが

「夜、電気が点くともっといい感じになるのよ。時間があるなら夜もまたおいで」

と教えてくれた。

残念、もう行かなきゃ。

次に来る時は新駅舎になってるんだろうな・・・・

松山の夜

チェックインして休憩後、街へ飲みに出かけた。

路面電車の走る風景が大好き。
2008080742.jpg
魚が食べたかったので寿司屋に入った。

「すし徳」
2008080744.jpg
松山は岬サバ・岬アジが有名。全国区の関サバ・関アジと実は同じ魚。
水揚げされた場所が違うだけ。

松山に来たときはコレが楽しみ。

岬アジの刺身。脂が乗って締まった身が美味い。
2008080746.jpg
地の殻付ウニ。口の中でトロンと溶ける。香りが良い。人生で一番の美味さ。ビビッた。
2008080747.jpg
本マグロの赤身。この赤身も人生一番の美味さ。ネットリ濃厚な身の旨み。ビビッた。
2008080748.jpg
何気なく入った店だったが大当たり。

気持ちの良い松山の夜になった。




坊ちゃん電車

道後温泉から松山市内へ電車で戻る。

初めて「坊ちゃん電車」に乗ってみた。今までは「どうせ観光列車だろ」と避けていた。

駅の売店で切符と整理券を貰う。
2008080745.jpg
2008080734.jpg
見た目は蒸気機関車だが実はディーゼル機関車。
2008080735.jpg
2008080736.jpg
各駅で若い車掌さんが観光案内をしてくれる。大声で張り切っている姿が微笑ましい。
2008080737.jpg
松山駅に到着。車両の方向転換を行う。車掌さん曰くここが見何処らしい。
2008080738.jpg
ボディを浮かせ、手動で方向転換を行う。
2008080739.jpg
2008080740.jpg
もちろん客車との連結も手動。
2008080741.jpg
確かに見何処。これが想像以上に面白い。

こんなに簡単にボディって動かせるんだ。なんか手作り感?満載の鉄道。

この鉄道が好きになった。

道後温泉

道後温泉。3度目の訪問。

やっぱこの外観はテンション上がる。
2008080727.jpg
2008080728.jpg
2008080729.jpg
2008080730.jpg
お盆をずらした為かこんな独り占め写真が撮れた。
2008080731.jpg
浴槽は普通だが熱めのサラッとした湯が気持ち良い。
2008080732.jpg
個室は空いていなかったので、大座敷で涼む。
2008080733.jpg
道後温泉はやっぱ楽しい。

松山入り 道後へ

香川から松山自動車道で愛媛県松山へ。15:00着。

松山城
2008080726.jpg
とりあえずチェックイン前に電車で道後へ向かうことにした。
2008080722.jpg
道後温泉駅着。レトロな駅舎と電車と青空。最高のマッチング。
2008080723.jpg
2008080724.jpg
2008080725.jpg
しかし暑い・・・・・


讃岐うどん 彦江製麺所

讃岐うどん2件目。

こんな細い路地にその店はある。
2008080719.jpg
「彦江製麺所」
2008080720.jpg
看板も出ていない為、情報が無ければ辿り着かなかっただろう。

注文方法は「がもう」と同じ。お金は後払い自己申告制。
2008080721.jpg
ここも美味い。「がもう」とは全く違う味。麺は極太、出汁は煮干?の香りが強い。

ここは元々製麺所だったそうで、うどんを食べるのはあくまでもついで。

その為か、なんとなく愛想が無い。

出汁の鍋等も床に直置きになっているし。

地元の人用だからそれで良いのだろう。(周りに観光客は一人もいなかった)

なんか讃岐うどんの地元密着ぶりがうらやましい。

讃岐うどん がもう

鳴門から高松道で香川県へ。香川と言えば讃岐うどん。

ここもいつもスルーしていたポイント。

ってことで初讃岐うどんに挑戦。

田んぼとまばらな住宅の間に突然現れた人混みに驚かされた。

「がもう」
2008080712.jpg
店によって注文の仕方が違うというので緊張していた。

前の人をマネしながら注文してみる。
2008080713.jpg
まず、うどんの玉数と温・冷を伝え、どんぶりに入れてもらう。
2008080714.jpg
お金を払い、自分でお揚げなどのトッピングを載せる。
2008080715.jpg
温・冷、好みの出汁を選び注ぐ。
2008080716.jpg
出来上がり。
2008080717.jpg
思い思いの場所を陣取り食す。
2008080718.jpg
美味い。出汁がとにかく美味い。お揚げの甘みも最高。

シンプルで安いし飽きることが無いだろう。

なるほど、讃岐うどんってこういうもんなのか。

会社の近くに欲しいな。

大鳴門橋 渦の道

9:00に淡路島を抜け、徳島県入り。

ここで寄り道。いつもスルーしていた鳴門橋を見学することに。
2008080703.jpg
遊歩道「渦の道」
2008080704.jpg
2008080705.jpg
大鳴門橋の下が遊歩道になっていて、そこから鳴門の渦潮が見れると言う。
2008080706.jpg
2008080710.jpg
所々床がガラスになっていて直接渦潮を見ることが出来る。
2008080708.jpg
強化ガラスなので上に乗れるらしいがどうしてもビビッてしまう。
2008080707.jpg
渦潮は時間の関係で小渦しか見られなかった。
2008080709.jpg
何度かガラス上に乗ろうと試みたが、
2008080711.jpg
無理だった・・・・・・

俺の○玉がフリスク程に縮み上がっている。

まぁ、高所が苦手な俺でも気持ちの良いスポットだった。

床のガラスを除けば・・・・

夏休み

お盆を避けて夏休みを取った。

今年も車で嫁の実家がある鹿児島県へ向かう。

7/31 嫁の仕事が長引き、22:00出発。

明けて8/1 3:00に名神高速道路 滋賀県黒丸パーキングで仮眠。

5:30に再出発。

さて何処に寄り道するか・・・・