FC2ブログ

ハッピーターン ハッピーパウダー250%

ハッピーターンの美味さの要は、何と言っても周りにまぶされている魔法の粉。

その魔法の粉をハッピーパウダーと言うらしい。

そしてそのハッピーパウダーの量を2.5倍に増やした特別版を見つけたので買ってみた。
2010042048.jpg
2010042047.jpg
笑える程たっぷりとまぶされたパウダー。

手に持つと指にベッタリと残るほど。

自分の指が超美味い。

ただ、パウダーの量が多すぎて少しショッパイ。

おやつと言うよりは酒のツマミ向きかな。
スポンサーサイト



サクリファイス (著)近藤 史恵

(著)近藤 史恵「サクリファイス」を読んだ。
2010042046.jpg
一気読み。超面白かった。

自転車ロードレースをリアルに体感する感覚。

ミステリーの要素もあり、

最後は何とも言えない感動で震えた。

自転車ロードレースが見てみたい。

映画 シャッターアイランド

映画 「シャッターアイランド」を観た。
2010042044.jpg
うーん?・・・・・

俺アバター

後輩から、アバターの公式サイトで自分のアバターを作成できる事を教えてもらった。

家でドキドキしながら早速作成。

で、完成したものは・・・
2010042031.jpg
薄々は判っていたが、あまり地顔と変わらない。

ただ俺の顔を青く塗っただけじゃん。

元々ナビィ族顔だからな・・・・

複雑な気持ち・・・・

富士急 フジサン特急

時間の関係で乗れなかったが、気になった車両が「フジサン特急」
2010042037.jpg
2010042038.jpg
2010042039.jpg
2010042041.jpg
2010042043.jpg
折角のパノラマカーが変な富士山の絵で台無し。

誰の発案で誰が許可したのか?

インパクトは最高だけど。

富士急 トーマス電車

ほうとうを食べ、河口湖をチラ見して帰ることに。
2010042040.jpg
帰りは「トーマス電車」
2010042032.jpg
2010042033.jpg
2010042042.jpg
2010042034.jpg
2010042035.jpg
2010042036.jpg
超派手。子供は喜ぶだろう。

富士登山電車 下吉田駅

下吉田駅を見学出来るように10分間の停車。

下吉田駅も水戸岡デザインの駅舎。
2010042018.jpg
2010042019.jpg
2010042020.jpg
2010042021.jpg
2010042022.jpg
ここで車両もじっくり鑑賞。
2010042023.jpg
2010042024.jpg
2010042025.jpg
2010042026.jpg
2010042029.jpg
2010042030.jpg
2010042027.jpg
水戸岡デザインはロゴマークとフォントに特徴がある。

渋い。

富士登山電車 赤富士

「赤富士」
ダークな木と赤で統一されたインテリア。青富士より落ち着いた感じ。
2010042014.jpg
2010042009.jpg
2010042016.jpg
車両中央の展望席。富士山や鉄道に関する本を自由に読むことが出来る。
2010042010.jpg
2010042011.jpg
2010042012.jpg
2010042013.jpg
車内販売で記念グッズを購入。飴、手ぬぐい、ピンズなど。
2010042015.jpg
記念ボードを借りて記念写真。
2010042017.jpg
残念ながら天気が悪く、肝心の富士山は見られなかったが、

気持ちの良い鉄旅を満喫出来た。

美人の客室乗務員の気持ちの良い接客に感動。

富士登山電車 青富士

富士急の「富士登山電車」に乗るために大月へ。
2010042001.jpg
「富士登山電車」は九州で有名な水戸岡デザインの車両。関東近辺では唯一ここだけでは。

ホームに入ると水戸岡チック全開の車両が待っている。
2010042002.jpg
2010042003.jpg
2両編成で車両ごとに内装のテーマが違う。

「青富士」
白木に青色で構成された明るいインテリア。
2010042008.jpg
2010042004.jpg
2010042007.jpg
記念グッズの展示販売。
2010042006.jpg
車両中央の展望席。
2010042005.jpg



羽田で暇つぶし

映画の後、今週も羽田空港へ。
2010041402.jpg
2010041401.jpg
2010041403.jpg
2010041404.jpg
2010041405.jpg
2010041406.jpg
2010041407.jpg
旅に出たい・・・・

映画 第9地区

映画「第9地区」を観た。
2010041408.jpg
とにかくグロイ、そしてテーマも重い。

登場するやつらが全て嫌なやつだった。

映画としては面白かったのかもしれないが、

ハリウッド的ハッピーエンド映画が好きな俺には、

嫌ーな気分になる映画だった。