FC2ブログ

縄文杉登山 トリビア

ガイドさんに本当に色んな事を教えてもらいました。
せっかくだからトリビア的な事も書いときます。

1.普段近づけない縄文杉。冬は雪が積もって柵も埋まってしまうので
  近寄って触れる事が出来る。(冬に登ろうとは思わないけど)

2.屋久島はひとつの岩で出来ている。

3.屋久島は実は貧困な土壌だが、そこに生まれたコケと
  1年中降り続ける雨によって緑が生まれている。
  一ヶ月に35日雨が降ると言われている。

4.雨を含んだコケが土壌の代わりになるので、木の上だろうが
  岩の上だろうが植物が育つ。
  20050820231729.jpg

  杉に巻きつくヤマグルマ(ゴジラVSビオランテのよう?)

5.屋久杉は育った年数だけ腐らず持つ。樹齢2000年なら
  木材にしても2000年持つと言う事。

6.切り株など中から空洞になるのは、
  上記の理由で新しいところから腐るため。

7.屋久島のカタツムリは縦長の殻になる。
  大粒の雨に耐えられるように。
20050820231015.jpg

道中出会ったキセルガイモドキ(珍しいらしいです)

8.道に飛び出してくるヤク鹿。車で轢いてしまった場合、
  食べるそうだ。刺身が美味しい。本当か?

9.一泊二日で縄文杉登山をすれば山小屋に泊る事になる。
  その時は縄文杉を見ながら酒盛りが出来るらしい。
  (行きてー)

10.縄文杉は樹齢7200年とも言われているが、
   中が空洞のため、実は判らないらしい。
   本当に7200年だと世界一になるらしい。
   実際は2000年から3000年という説もあるそうだ。

11.森を復活させるために縄文杉のクローンが植えられている。

12.屋久島では樹齢1000年以上の天然杉を「屋久杉」
   1000年未満の天然杉を「小杉」と呼ぶ。

13.映画「いま、会いにゆきます」で見られるのは屋久杉。
   実際にこの二本の間を通って来ました。
   imaai.jpg


14.一番驚いたのが、案内してくれたガイドさん、
   週に5日も縄文杉まで登ってるんだって・・・
   俺にはありえねーよ 絶対に・・・
   でも、綺麗な景色のたびに
   「いい職場でしょ?」だって・・・ 
   すごいなぁ・・・・

本当はもっと沢山教えて貰ったんだけど・・・・

勉強になるなぁー


無謀にもランキング参加中です。よければクリックしてね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント