旅行の口コミはトリップアドバイザー
旅行の口コミはトリップアドバイザー
■PROFILE

dai8

  • author: dai8
  • 1970年TOKYO生まれ 中年男
  • RSS1.0
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年08月 (2)
  • 2016年07月 (2)
  • 2016年06月 (9)
  • 2016年05月 (15)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (10)
  • 2016年02月 (8)
  • 2016年01月 (24)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (18)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (22)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (6)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (21)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (12)
  • 2014年08月 (37)
  • 2014年07月 (14)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (15)
  • 2014年04月 (10)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (10)
  • 2014年01月 (27)
  • 2013年12月 (12)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (4)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (10)
  • 2013年06月 (14)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (3)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (19)
  • 2012年12月 (29)
  • 2012年11月 (8)
  • 2012年10月 (14)
  • 2012年09月 (4)
  • 2012年08月 (36)
  • 2012年07月 (14)
  • 2012年06月 (14)
  • 2012年05月 (10)
  • 2012年04月 (23)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (10)
  • 2012年01月 (20)
  • 2011年12月 (28)
  • 2011年11月 (19)
  • 2011年10月 (14)
  • 2011年09月 (8)
  • 2011年08月 (43)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (16)
  • 2011年05月 (24)
  • 2011年04月 (10)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年02月 (23)
  • 2011年01月 (21)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (3)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年09月 (17)
  • 2010年08月 (21)
  • 2010年07月 (11)
  • 2010年06月 (27)
  • 2010年05月 (19)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (19)
  • 2010年02月 (11)
  • 2010年01月 (33)
  • 2009年12月 (7)
  • 2009年11月 (20)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (26)
  • 2009年08月 (46)
  • 2009年07月 (14)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (13)
  • 2008年11月 (46)
  • 2008年10月 (31)
  • 2008年09月 (18)
  • 2008年08月 (45)
  • 2008年07月 (34)
  • 2008年06月 (25)
  • 2008年05月 (50)
  • 2008年04月 (30)
  • 2008年03月 (24)
  • 2008年02月 (29)
  • 2008年01月 (44)
  • 2007年12月 (23)
  • 2007年11月 (13)
  • 2007年10月 (27)
  • 2007年09月 (27)
  • 2007年08月 (42)
  • 2007年07月 (8)
  • 2007年06月 (13)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (24)
  • 2007年02月 (14)
  • 2007年01月 (35)
  • 2006年12月 (24)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (26)
  • 2006年09月 (37)
  • 2006年08月 (51)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (29)
  • 2006年04月 (22)
  • 2006年03月 (27)
  • 2006年02月 (21)
  • 2006年01月 (31)
  • 2005年12月 (29)
  • 2005年11月 (36)
  • 2005年10月 (35)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (47)
  • 2005年07月 (37)
  • 2005年06月 (29)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    振り込め詐欺未遂
    会社のプロジェクトがやっと一段落して1ヶ月半ぶりの休み。

    そのとたんに発熱。気が抜けたんだろうか、不思議なもんだ。

    で、寝ていたら実家から電話が。俺がカバンを紛失したかの確認だった。

    何のことか色々聞いているとどうやら振り込め詐欺に引っ掛かる寸前だったようだ。

    概要はこうだ。

    偽俺「大祐(俺の名前)だけど、カバンを電車に置いて来ちゃったんだけど、
       携帯とか財布も入っていて、今は取引先の電話を借りて話している。
       見つかったらそっちに連絡が行くことになっているから。よろしく、ごめんね」
       
    父 「ああ、わかった」
       (俺の声が違うように聞こえたが、取引先に気を使って営業時の声を出していると思ったそうだ。)

    10分後
    東京駅の拾得物係(偽)から
    「息子さんのカバンが届いております。本人確認をしたいのですが。
     息子さんのフルネーム、生年月日、携帯の番号を教えてください」

    父「携帯番号が判らないので、カバンに入っている携帯を見てくれ」
      (たまたま俺の携帯番号が変わっていたが父に伝えていなかった)

    拾得物係(偽)「本人確認が出来ないとカバンの中を勝手に見ることはできません」

    父「じゃあ、息子と連絡が取れたらそちらに連絡させるから。東京駅のどこに連絡すれば良いのか?」

    拾得物係(偽)「東京駅には拾得物窓口は一つしかないので◎◎番に掛けて下さい」

    父「判った」

    さらに10分後
    偽俺「もしもし、俺だけど」

    父「ああ、東京駅でカバンが見つかったってよ。早く取りに行け。」

    偽俺「良かった!!助かった!!」

    父「届けてくれた方にキチンとお礼をするんだぞ。」

    偽俺「わかってるよ」

    父「絶対にお礼を忘れるな」

    偽俺「わかったって・・・」 

    父「そう言えば、例の書類は届いたか?問題なかったか?」
      (たまたまアパートの更新で書類をお願いしていた)

    偽俺「ん?・・・・ああ・・・・とりあえず・・・・良かったよ・・・・」

    父「ん?本当に大丈夫か?」

    偽俺「また連絡するよ」と言って電話を切られたとのこと。

    その後に帰って来た母にその話をしたら、
    全部嘘なんじゃないかと言う事で俺に直接電話を掛けて来たという次第。
    (母は俺の新しい携帯番号を知っていた)

    母にしてみれば、俺が東京駅にカバンを忘れるのが不自然(仕事のエリア上)ということと、
    東京駅の拾得物係りが一つしかないというのが引っ掛かったそうだ。

    ネットで色々と調べてみると、
    ・カバンに小切手を入れていた。
    ・小切手だけが盗まれてしまった。
    ・取引先に迷惑が掛かってしまうので金を貸して欲しい。
    という流れになるらしい。

    あまりにも色々と手の込んだ仕掛になっていること、俺の名前を騙っていること、
    自分の息子の声ぐらい判るだろと思っていたがそんなことは無いということ、
    そして自分の親がターゲットにされる年齢なっていることに愕然とした。

    でも何よりも納得いかないのが
    「お前のせいで今日は右往左往して大変だったんだ!!」と父に怒られたこと。
    俺関係ないじゃん・・・・・ 
    スポンサーサイト


    日記 | 09:46:32 | Trackback(0) | Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。