FC2ブログ

上野国立西洋美術館 松方コレクション展 

たまには有名な絵画なんかも見ておいた方が良いかな、と思い、
上野の国立西洋美術館で開催中の
「松方コレクション展」に行ってみた。
旧川崎造船所社長の松方幸次郎が集めた膨大な美術コレクション。
これを展示するために国立西洋美術館が設立されたらしい。
2019070301.jpg
まず建物そのものがコルビジェ設計の世界遺産という凄さ。
2019070302.jpg
外観は毎回何度見てもふーん・・・・って感じだが、
中は色々工夫されている様な気もする・・・
自然光の取り入れ方とか・・・
2019070303.jpg
松方コレクションのメインでもあるモネの「睡蓮」
2019070304.jpg
今回一番引き込まれたのがゴッホの「薔薇」
小さい絵なのに目が釘付けで、しばらく絵の前から動けなかった。
何だろう、この色使いとコントラストがかなりツボ。
2019070306.jpg
逆に同じゴッホでも、「アルルの寝室」は全く惹かれなかった。
何だこれ。
2019070305.jpg
今回、意外と俺はモネが好きなことが判明。
良いなと思う絵はどれもモネだった。
ちなみに邪道な鑑賞方法と叱られそうだが、
モネの絵は薄目で観たときに情景が浮かび上がる。
(あくまでも俺は)
試しに他の作家の絵でも薄目にして観たが、浮かび上がらない。
不思議で面白い。
2019070310.jpg
紛失していたモネの睡蓮を1年がかりで修復。
半分以上欠損していたがAI技術で再現されている。
2019070308.jpg
ロダンの「地獄の門」
2019070307.jpg
地獄の門上部にある「考える人」
有名なモチーフはこの門のために造られたらしい。
2019070309.jpg
芸術、絵画は全く詳しくないし、
正直良さも全く判らないが、
そんな中でも「この絵は好きかも」と思う瞬間があるのが面白い。
あと、流石にこれだけの有名絵画は目の肥やしにもなった。と思う・・・
いやー楽しめた。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント