FC2ブログ

大谷資料館

餃子と焼きそばを食べたらやる事が無くなった。

帰るか、それとも足を延ばして温泉に寄って行くか・・・

そんな中、ふっと目に付いたのが「大谷」という地名。

そこは塀や建築に使われる「大谷石」の産地。

一度行ってみたかったのでそこに向かって車を走らせました。

で、「大谷」に差し掛かると確かに「大谷石」を扱うお店が沢山。

もちろん、どの家も、どの店も塀には「大谷石」が使われています。

で、たどり着いたのが「大谷資料館」
20060610221011.jpg

この看板を目印に入っていくと・・・
20060610221105.jpg

「大谷石」の切り立った崖に囲まれた空間に出ます。よく見るとその崖も人工的に切り出されたのがわかります。

何か不思議な空間に迷い込んだ感じ。

下の白い建物が資料館です。大谷石についての歴史などが勉強できます。
20060610221259.jpg

で、¥600払って入場したのですが、この地下が物凄い事になってるんです。

入り口の横の薄暗い階段を下りていくと・・・・
20060610221542.jpg

物凄く広大な空間が出現!!スゲーよココ!!

超テンション上がります。と同時にその空間に俺一人しかいないのがメチャクチャ怖い。

勇気を振り絞って階段を更に降りていきます。
20060610221757.jpg

20060610221822.jpg

気温は7度、聞こえる音は自分の足音と滴る水滴の音。マジで怖いです。

壁面はこんな風に石を切り出した跡が残っています。
20060610221948.jpg

20060610222055.jpg

人が全く写っていないので、この巨大さが判りづらいな・・・・

本当に巨大な遺跡のようなもの。凄いです。

ココ全部が石を切り出して出来た空間だなんて。超感動しました。

本当に来て良かった。また来よう・・・

そういえば、ココの石材が建築家「フランク・ロイド・ライト」の旧帝国ホテルなどに使われていたそうです。

そんな展示物を眺めながら、「うちの奥さんはシカゴにライトの建物見に行ってるんだよな・・・・」

なんて思い出し、なぜ俺は宇都宮なんだろう・・・・

ちょっと悔しいです・・・・

ランキング参加中です。下のバナーをクリックして頂けると幸いです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント