FC2ブログ

父親たちの星条旗

映画 「父親たちの星条旗」を観た。
20061029220838.jpg

どこで見たのか判らないが、見覚えのある写真。

この国旗を掲げる兵士達とその戦争に関わる裏の話。

戦争のばかばかしさと恐怖が坦々と描かれている。

時間軸が色々と交差して描かれているが、

それがより戦争の恐怖とその場にいた兵士達の心情を表している。

アメリカ目線で描かれているが、決して善と悪に分けて描いてはおらず、

戦争そのものが悪というような描かれ方をしている。

つまらない映画ではない。でも面白い映画という表現も違う。

あくまでも戦争の嫌な面を静かに紡いでいる。

戦闘シーンが物凄くシンプルで、それでいて残酷なのが印象に残った。

12月に上映する第2弾「硫黄島からの手紙」は日本人の視線で描かれているので、もっとヘビーな映画なのかも。

観るべきか、それともやめるか。

どうする?俺・・・・

ランキング参加中です。下のバナーをクリックして頂けると幸いです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント